ピコケーブル


光ファイバをユニシームレス金属管の中に収めた細径かつ軽量な光ファイバケーブルです。 耐水性、気密性にすぐれ、側圧にも強い構造を持っています。 保護管無しで、ネズミ、キツツキなどの鳥獣から光ファイバをしっかり守ります。

LAPシースやアーマードケーブルに比べ、細く、軽く、曲げ易く取扱いが容易な光ファイバケーブルです。
一般ケーブルと同一ピット、同一ラックにそのまま布設できます。保護管の中に通す必要はありません。
軽量であるため、ケーブル布設の作業効率が高く、布設工事全体のコストダウンのお役に立ちます。屋外・屋内で使用される全ての光通信に最適です。

ピコケーブルの特徴


1. 屋外、屋内問わず直埋設を含めオールマイティに使用可能です。

 

2. 耐水性、耐熱性、気密性にすぐれ、側圧にも強い構造です。

 

3. ネズミ、セミなどの鳥虫獣から光ファイバをしっかり守ります

 

4. 電線ケーブルと同一ピット、同一ラックにそのまま重ね置きが可能です。

 

5. 最大心数は32心。

 

6. 布設環境を選ばず軽量であるためケーブル布設の作業効率が高く、布設工事全体のコストダウンができます。

 

7. 耐熱光ファイバケーブル適合品です。 

ピコケーブルの主な仕様


【 被 覆 材 質 】 PEエコ


管数
φ2.0xφ1.6
曲げ半径 mm φ8.3 φ8.3 φ10.2
許容張力 N ≧R50 ≧R50 ≧R50
許容側圧 N/50mm 980 980 980
 概算重量 kg/km 約80 約80  約90

極細シームレス金属管(外径2mm内径1.6mm)の中に光ファイバを入れてケーブル化しているピコケーブルは、光ファイバの断線を心配することなく扱うことが出来ます。一般的な光ファイバケーブルとは異なり、保護管の中を通す必要はありません。さらに、水の中でも地面の中にも直接埋設することが出来ます。

 

シームレス金属管(2管)
シームレス金属管(2管)
金属管の中の光ファイバ
金属管の中の光ファイバ

工場布設事例

参考図


【PCJ型】   2心タイプ(一括コネクタ)/ 2心タイプ / 4心タイプ

 (分岐管=フレキ)

 

 

【PCC型】   2心タイプ / 4心タイプ

(分岐管=コード)